読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

That's it.

それでおしまい.

エビ友達

ある事柄で繋がっている関係を〇〇友達とか〇〇仲間とか言うことがある。

お酒で繋がっていれば飲み友達、スノボーならばスノボー仲間というように。

ならば〇〇に入る言葉が「エビ」だった場合、その関係は「エビ」によって繋ぎ止められていることになる。エビ友達。そんな関係がこの世に存在するのだろうか。

半年ほど前に家族でコンサートを聞きに行った際、昼前に会場付近に到着したこともあってどこかでお昼ご飯を食べることになった。

大体こういう時は父の希望でス〇ローになるのだけれども、その時も通常通りスシ〇ーで昼食をとることになった。

昼時で込み合っていたので家族3人でカウンター席に座ることになった。レーンの川上から父、母、私の順で着席した。

私の左隣には30代後半と思われる眼鏡をかけた彦摩呂という出で立ちの男性が座っていた。

「ほどほどにしとかないとコンサート中に寝まっせ」という母の忠告を右から左に聞き流して、父と私は真昼間からビールをガンガン飲み、唐揚げとごぼうの天ぷらと枝豆を貪っていた。

そんな意識の低いアル中(意識の高いアル中はいるのだろうか)二人の前をオーダーされたお寿司が流れていった。

同じテーブルにエビが5皿。大名行列ならぬエビ行列。思わず道端によけて深く頭を下げそうになった。

家族連れが注文したのかなーと思っていたら、すべて彦摩呂が注文したものだった。

着席した時から薄々気づいてはいたのだけれど、どうやら隣の彦摩呂はエビしか食べていない様子なのだ。既に15枚ほどの皿が積み重なっている。

エビ、エビ、エビ、ガリ、エビ、ガリ、エビ、エビという美しい旋律を奏でながらバリバリとエビを食していた。

 

f:id:mimurayusuke0406:20161205192927j:plainf:id:mimurayusuke0406:20161205192927j:plainf:id:mimurayusuke0406:20161205192927j:plainf:id:mimurayusuke0406:20161205193041j:plainf:id:mimurayusuke0406:20161205192927j:plainf:id:mimurayusuke0406:20161205193041j:plainf:id:mimurayusuke0406:20161205192927j:plainf:id:mimurayusuke0406:20161205192927j:plain

 

そして、自らがオーダーするエビにとどまらず、レーンに流れてきたエビはすべて彦摩呂が平らげていた。

彦摩呂の川下には7人くらいお客さんが座っていたが、彼らにエビが届くことはなかった。もはや関所である。

どういうことだ。そんなにこの店のエビは美味しいのか。全国チェーンの〇シローの中でもエビが極度に美味しいことで有名な店なのかここは。

別に特段エビが好きでもないが、真相を解明すべく次に回ってきたエビを食べてみることにした。

しばらくすると、2皿のエビがレーンを流れてきた。

ものすごく美味しかった場合のことを考えて、2皿ともとった。

身体の左側に視線を感じた。

左を振り向くと眼をまん丸にした彦摩呂と目が合った。

「えっ、自分それとるの?」「今までいっさいエビに興味示してなかったやん?」そんな言葉が聞こえてくるかのようだった。

一瞬の沈黙(そもそも喋ってないけど)。時間が流れを止める。彦摩呂の眼に優しさが満ち溢れた。

「エビ、うまいよな。君もこの奥深い味がわかるんだろう?」「僕らの間に言葉はいらないよな、ブラザー?」そんな情熱的なワードが聞こえてくるかのようだった。

そう、ここにエビを介してつながる男同士の友情、エビ友達が誕生・・・

 

するわけない。

別に普通のエビだったわ。そんなに食べたら痛風になるわ。

というわけで、エビ友達は存在しない。

今週も頑張りましょう。